人気ブログランキング |

緑内障の日記

turukichi.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

点眼液の効果は??


この度変更してもらった点眼液の効果

によっては・・・手術も覚悟しなくてはならない、其の事を

思うと、不安な事だ。


しかし成り行きに任せるほかない

私は「痛み止め」は全く使えない体、耐えなくてはならない、と 思えば気持ちは重い。(T_T)

頑張らなくてはならないと心に鞭打っている。


* 麻酔薬は使えますが、麻酔から醒めてからの痛み止めは使えない。


05年11月30日を転記
by turu_kichi_10 | 2005-11-30 13:31 | 緑内障

忙しい (汗

17日夜帰宅しました。

18日は一日中仕事で駆け回り
夜になって投稿と思っておりましたが。

爆睡してしまいました。

最近の「視野欠損」で見ずらいのですが
左右がまだ広く見えますので仕事はできます。

しかし今は進行の状態を見定める期間ですので
不安な毎日です。

気にすればきりが無いので、気にしないこと
にしておりますが、やはり 心配です。

どうも陰気な話ばかりで、申し訳ないm(__)m


05年11月17日を転記
by turu_kichi_10 | 2005-11-17 13:18 | 日 記

薬の効果?

今日は心待ちにしていた薬の効果が

分かった。

両眼共眼圧は19mmHgに下がっていた。


今日のとことは結論には至らず

一ヶ月後に視野検査等をして今後の事を

決定することになった。


最後の決定である。

”最近の思い”

この世にいかに良い薬ができても


それを使う医師の判断によってのみ患者の健康を維持又は改善する事ができるのであって

医師の判断のミスがあれば悪化してしまう。

特に目の場合は神経が死に再生できないと言うこと
で取り返しのつかない事になる。

つまり医師の選択で目の寿命が決まる大切なことである。

ところが、仕事が忙しい等の理由で、近くで便利の良い所の「眼科専門医でもない医師」を頼る人(患者)も多いい。


特に医師であれば(眼科専門医)でなくても眼科として開業できるし危険この上ない状態である。

また私の掛かった医師のように一向に状態が悪くなってもお構いなしの医師も居る事も注意すべき事。

見かけ、大病院の3分医療、各科の売り上げ競争等等患者にとっては不利な条件があまりにも多い今日であると思います。



大切なことは、患者同士の情報交換をしっかりして
正しい情報を早く掴むことが大切であると思います。


05年11月9日を転記
by turu_kichi_10 | 2005-11-09 13:13 | 日 記

紅葉狩り

昨夜遅く中国山地を廻って、紅葉狩りから帰った。

今のところ、少し悪いようだ


高い所では、早い雪に見舞われたらしく、色は悪い

でも天気が良いので、楽しい紅葉狩りに終わった。

(*^_^*)
by turu_kichi_10 | 2005-11-05 12:42 | 今日のこと
line

緑内障の闘病日記を綴ります。


by turu_kichi_10
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite