緑内障の日記

turukichi.exblog.jp ブログトップ

緑内障と薬の事

最後、左眼の手術をしてから早くも6ヵ月である。

どうやら落ち着いたらしく両目を交互に瞑ってみるのに術後の

様子と変らないようだ(正確には分からない)。


この調子が継続してくれる事を祈っております。

今は、診察は2ヵ月おきになりました(^^)


間が長い感じで心配な気もしますが、問題はないようです。

特に、「ステロイドを使うような治療」が必要な時は、その後検査を受ける

ように言われております。


ですから、今のところ他院で処方される薬は、インターネット等で調べ

ステロイドが含まれている薬は、服用等しないように気をつけています。

一番よく処方される薬の中に「リンデロン」と言う名称の薬ですね。

このくすりは、副腎皮質ホルモン(ステロイド)と抗生物質をを合成した薬だと理解して

おります。


殆どの医師は、ステロイド過敏症があると言っても、処方します。

ですから自分で使わないようにするか、同等の薬はありませんか?と質問をして

います。


この薬は、炎症を取り、菌の増殖を抑える効果ですから手術後のような

急を要する時期以外は、少し効果がでるのは遅くても十分効果の出る非ステロイド

の良い薬があるようです。


個人医や新米医師は、効果を早くして『良い医師』と思わせたい気持ちが強いので

処方します。


個人医は、麻薬(痛み止め)も良く使って人気を取る傾向があるので注意が必要ですね。


以前腹痛が良く起こっていたときの経験ですが、その当時掛かっていた個人医が

「麻薬の件」で2箇所の医院が逮捕され、警察の事情聴取に行ったことがあります。

リンデロンは、麻薬とは違いますが、体質によっては副作用が大きくでる場合がありますね。

私が、その体質です。


今日は、久しぶりに眼の事です。



[PR]
by turu_kichi_10 | 2007-09-16 10:40 | 緑内障
line

緑内障の闘病日記を綴ります。


by turu_kichi_10
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite