緑内障の日記

turukichi.exblog.jp ブログトップ

一月の大雪!!

山間部では近年にない大雪だと言ったニュースが報道されている。

雪は、家屋を傷めるなど被害のおそれもある。

反面夏場の水不足がなく、豊作に恵まれると昔から言われ

非常に大切な「雪」です。


今では、稲作は転作の奨励とか随分と変わってきています。

しかし豊作に、こしたことはないと思います。

このような事を言えば、不謹慎なような気がしますが・・・


本当に喜んでいるのは、スキーファンですね

最近閉鎖のスキー場もあり、一部の人達には不利

になっていますがラッキーな事です。


困っているのは、山間地の過疎地域の老人家庭だと思います。

雪かきは、したいが体力的に無理があり、若い労働力(後継者)は

都会に出て就職し、簡単に帰って雪かきのできない場合です。


このような家庭は、現代は相当多くなりつつあり問題ですね。

2005年の大雪の時は、かなりの屋根が崩れた例を多く見られた

ものです。


最近、都市部では、派遣社員のクビの問題

田舎は、過疎

犯罪は、多くなる

政冶不審

諸々大変な年明けのように思います。


雪は、春になれば溶けるが他の難問は当分解決しそうにない!!
[PR]
by turu_kichi_10 | 2009-01-16 13:41 | 日 記
line

緑内障の闘病日記を綴ります。


by turu_kichi_10
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite